未分類

優秀な子の母親は群れない?頭のいい子のお母さんの特徴とは?

bookwalker,定額,読み放題,

優秀で賢い子はどのような家庭環境に育っているのでしょうか。優秀な子は妬まれるとも言いますが本当でしょうか。

優秀な子の母親は群れないと言われます。どうして群れないのでしょうか。

今回は優秀と言われる子どもの母親に焦点を当て、その特徴に迫ってみたいと思います。

優秀な子供の母親は群れないのは本当?

優秀な子供の母親は、ママ友達と群れないといいます。

実はママ友達が付き合っているのは仲がいいからではなく、以下のような理由であることが多いようです。

  • 塾や受験に関する情報を得たいから
  • 子供が仲間外れにされそうで心配だから

これらに対して、優秀な子ども母親はまず情報は自分で探して得られるという賢さがあります。子どもも親同士の関係で友人関係を構築されることがなくなり、自由に友達を作ることができるようになります。

優秀な子の母親はママ友達と群れないことでその分子どもに時間を割いています。また、うわべだけの付き合いから生じるストレスを家庭に持ち込むこともないため、雰囲気の良い家庭環境を形成していくことができます。

また、しばしば優秀な子は妬まれることもあります。母親は自分の子を妬みや嫉みを受けやすい環境に置かないという意味でもママ友達と群れない傾向にあるようです。

優秀な子供の母親が共通して持っている特徴7選

優秀な子の母親にはどんな特徴があるのかをより一般的に調べてみたいと思います。

母親はどんな性格で、どんな子どもの育て方をしているのか。

その結果どうして群れないことに結びつくのか。

優秀な子の母親に共通すると言われる特徴を7つ紹介します。

特徴①子供にとって栄養バランスの取れた食事を用意する

まずは食から。優秀な子の母親は子どもの体に良い食事を与えているそうです。

栄養バランスの取れた食事は子どもの心身の健康へとつながります。

特に魚は魚の油に多く含まれる必須脂肪酸というDHAが頭を良くすると言われます。

また、カリウム不足の食事をしないことでイライラしにくくなります。

特徴②生活リズムが整っている

生活リズムはとても大切です。

優秀な子の母親は早寝早起きを心がけ生活リズムを整えているようです。

特に小さな子どもにはたっぷりと睡眠時間を与えてやることが必要です。

最低8時間の睡眠時間を確保すると、普段からボーッとしないようになります。

特徴③積極的に遊ばせている

優秀な子は良く遊びます。

子どもは遊びを通じて思考力・判断力・表現力を身に付けます。

これらは勉強で身につけるものとは大きく違います。

子どもは積極的に遊ぶことで社会を賢く生きていく力を身に付けます。

特徴④子供の好きなことをさせている

子どもも大人もやりたくないこと強制されたくありません。

勉強や習い事は強制されても伸びません。

ママ友達と群れないとこで、子どもは母親同士の競争から解放され自由に行動できるようになります。

頭のいい子のお母さんは子どもの意思を尊重し、好きなことをさせてあげることができます。

特徴⑤過干渉をしない

優秀な子の母親は見守ることができます。

勉強や習い事がうまく出来なかったりしても過干渉しません。

自分で乗り越える力を身につけることと成功体験によって自己肯定感の確率させてやることは非常に大切です。

何度もチャレンジと失敗を繰り返して子どもは成長していきます。

特徴⑥勉強を強要しない

基礎学力を身につけさせることは大切です。

しかし、特徴④でも述べたようにそれが強制だと伸びません。

理想は子どもに勉強を好きになってもらうことです。

そのためにもまずは自分が勉強を好きになってみることが良いでしょう。子どもは教えられることが母親の好きなことであるかそうでないかで、そのことを学びたいという気持ちが大きく異なってきます。

頭のいい子のお母さんは頭が良いことが多いです。それはママ友と群れない時間で自己研鑽ができるためでもあるからです。

特徴⑦子供の個性を認める

前提としてユニークであることは素晴らしいことです。しかし個性によってはそうでないものもあります。

例えば行儀の良くない行動ばかりする、友達の輪になかなか入っていけない。こうした悩みを持つ母親も多いはずです。しかし、それを無理に修正しようとするのはよくありません。

無理に直そうとすると余計に悪化してしまったり、下手をすると最も大切な母親との信頼関係すら壊してしまいかねません。

まずは、子どもの個性を認めてあげることが大切です。その個性の中に良いところを見つけて誉めてあげましょう。悪い部分は一緒に寄り添いながら、ゆっくり共に改善していこうとする意識が大切です。

また、原因が家庭環境や自分にあることも多いため、まずはそちらを見直してみるのも良いでしょう。

優秀な子供に共通する家庭環境とは?

優秀な子に育てるためには、母親の育て方以外に家庭環境も大きな要因です。

どのような生活習慣を構築し、どのような習い事をさせているのか。

ここでは頭のいい子のお母さんに良くみられる家庭環境をまとめました。

共通点①本が家にたくさんある

本をよく読む子は頭が良くなるということは広く知られています。

読解力が身に付くことはもちろん、知識見聞を広げるのにも本は最も優秀な教材です。

特に小さなうちは知識見聞の広がり方が著しいと言われます。この時期に多くの本に触れることで、子どもの中の世界を大きく広げることができます。

本を良く読む習慣をつけるためには周りに本が沢山ある環境がよいと言えるでしょう。

優秀な子の母親の家には本が沢山ある傾向がみられるようです。

共通点②習い事をたくさんしている

優秀な子の多くは習い事をしているようです。

習い事をすることで視野が広がり、何かに向けて努力をする習慣というのが身に付きます。

代表的なものにとして以下のような習い事があります。

ピアノ 両手を使うため、脳の発達にいい影響をもたらします。
スイミング 体力を付けられます。
バレエ 女の子の代表的な習い事、姿勢や所作が美しくなります。
英会話 小さい頃から英語に触れることで生活の一部になりやすくなります。
そろばん 計算が得意になり、記憶力も増します。

また、IT知識が必須になってきた令和の時代、プログラミングというのも代表的な習い事の一つになってきているようです。

共通点③安定した家庭環境

優秀な子にさせるためには育て方と家庭環境が大切です。

育て方の面は頭のいい子のお母さんが実践していることとして既に紹介しました。

続いて家庭環境ですが優秀な子はリビングで勉強をすること多いようです。

しかし、そうしたことよりも何よりまず家庭環境が子どもにとって安定したストレスのないものであることが大切です。

両親の中が悪かったり、ストレスが持ち込まれた家庭であったり、親子のコミュニケーションが不十分であったりしては、読書や習い事に集中できる余裕などありません。

これは塾や習い事のスクールなどの家庭環境外でも同様です。その場所が子どもにとって良い環境でない場合は身につくものも身につきません。

実践的なことの前にまずは環境づくりが最も大切であると言えます。

優秀な子供に共通する習い事とは?

結論から言うと共通する習い事というのはありません。

確かに優秀な子どもはピアノや英会話などの習い事をしている傾向にあるようですが、大切なのは何をさせるかではなく、何を学びたがっているかです。

習い事を強制させたりしてはいけません

ただし、その習い事を好きにさせようする働きかけはしてよいと言えます。

好きなことであれば子どもは意欲的に学び、学びを通じて成長していくと言えます。大切なのは子どもの意思を尊重してあげることです。

そのため、あえて共通することを挙げるならば、秀な子は自分の好きな習い事に意欲的に取り組んでいる傾向にあると言えるでしょう。

地頭の良さは遺伝する?

地頭の良さは遺伝します。ロンドン大学などの研究チームによれば、生まれ持った遺伝子が読み書きや計算に影響を与えていると報告されています。

ただし、遺伝はあくまで一部です。地頭の良さには育て方や環境などの後天的要因も大きな影響を与えています。

トンビが鷹を生むという諺があるように平凡な親からも優秀な子は生まれます。その逆も然りです。こうした言葉が生まれた背景、つまり優秀な子と見なされた子どもの背景には実は親の育て方や育った環境が影響しているのではないでしょうか。

優秀な子の母親は群れないのは本当だった

今回は優秀な子の母親は群れないとうテーマを掲げて、どうすれば優秀な子が育つかについて述べました。

優秀な子になるかどうかは親の遺伝と育て方、そして環境によって決まるという結論が得られました。

そしてその環境構築の方法の一つとしてママ友と群れない、”優秀な子は妬まれる”というような環境に自らの子を置かないということが言えるようです。

疑問をひとつ呈すると、そもそもなぜ親は子どもに優秀になって欲しいのでしょうか。

優秀な子は社会的に成功しやすいです。子どもに成功して欲しいという願い、そして幸せになってほしいというその先にある願い、それこそが本質なのではないでしょうか。

  • 意思を尊重してあげること
  • 子どもの好きなことをさせてあげること

優秀な子を育てると言われるこれらの育て方や環境づくりは根本は全て子どもの幸せを考えての行動です。

つまり、子どもの幸せを願った行動を母親がとることが結局は優秀な子を育てることへとつながっていくのではないでしょうか。