未分類

Amazfit GTR「ZEPP Health(旧Huami)」はどこの国の会社?徹底調査!

Amazfit GTRはスマートウォッチの製品のひとつです。

カジュアルでもフォーマルでも使用できるとのことで売上を増やし続けている製品ですが、どんな製品なのか、どこの国の製品なのかとあまり知らない人も多いことでしょう。

今回はそんなAmazfit GTRについて徹底調査しました。

どこの国の会社なのか、口コミではどう評価されているのかなどについてまとめていきます。

Amazfit GTRはどこの国の会社なの?

 

Amazfit GTRを作っている会社はどこの国にあるのでしょう。

Amazfit GTRはZepp Health社によって作られています。

会社の旧名はHuami、これは2013年に設立された中国の企業です。

ウェアラブルデバイスメーカーで設立以来売上を増やし続けている企業です。

したがって、どこの国の会社かという答えは中国となります。

Amazfit GTRの会社概要

Zepp Health社についてもう少し詳しく見てみましょう。

ヘルスケア分野に注力しており消費者向けのスマートヘルス製品や産業向けの分析サービスのラインアップを拡大しています。

Zepp Health社2018年にはにニューヨーク証券取引所へ株式上場、2021年に現在の社名へ変更されました。

そんなZepp Health社の代表的な製品がAmazfitです

製品売上も伸び続けており、欧州での人気も高まっています。

Amazfitの読み方は?

Amazfit GTR、そもそも何という読み方をするのでしょう。

Amazfitはアマズフィットという読み方をします。

アルファベットの音そのままで、特に難しい読み方はしません。

スマートウォッチとしては極めて低価格で販売されており、Amazfit GTR以外にもAmazfit T-RexやAmazfit Bipなどいつくかの種類があります。

日本との関係は?

Amazfitは世界中に販売され、累計出荷台数は、2億台を突破しています。

ECサイトもあるため、どこの国でも購入可能であり、もちろん日本でも可能です。

日本では代理店が販路の確立してくれており、さまざまな種類のAmazfitを取り扱っています。

グローバルに販売されるため、製品には翻訳機能が備わっており、文字盤の表示の設定を変えると大抵どこの国の言語にも翻訳することが可能です。

Amazfitの日本販売代理店の会社概要

Amazfitの販路の拡大を行う販売代理店は株式会社アースリボーンという会社です。

東京都目黒区日本橋に本社を構える企業で最先端ガジェットやトレンド雑貨の販売を事業として行なっています。

そのうちの一つで販売事業の大きな柱となっているのがAmazfitです。

株式会社アースリボーンはAmazfitの正規の代理店です。

公式オンラインストアをはじめとした各ECサイト、大手家電量販店及び時計専門店等の約800店舗にてAmazfitの購入を可能にしています。

Amazfit GTRに危険性はある?

ここから先はAmazfit GTRのついて紹介します。

Amazfit GTR、そもそもご存知でしたでしょうか。

Amazfit自体調べないとどこの国の製品かもわからなかったのにGTRなんてわからない
Amazfitの種類の一つということまではわかったけど……

Amazfit GTRはAmazfit製品の中の代表的なものになっています。

Amazfitの種類によってそれぞれ微妙に性質や特徴は異なるのですが、大きくAmazfitという製品で性質や特徴は共通しています。

その他Amazfit T-RexやAmazfit Bipなどとの違いは同じMacBookという製品の中でMacBook AirやMacBook proなどがあるようなものと思っていただけると良いでしょう。

そんなAmazfit GTRですが危険性という言葉がよく関連で表示されます。

確かにスマートウォッチにしては安すぎる値段で心配にもなります。

Amazfit GTRに危険性はないのでしょうか。

危険と言われる原因やどういう点で危険と思われているのか、それを踏まえておすすめができる製品なのか、次はその辺りについて調べていきましょう。

中国のメーカーだから?

危険=信用ならないと思われる理由のひとつに中国のメーカーだからというのがあるようです。

確かに中国製品というと一昔前であればパクリ商品や悪質製品としてよくニュースで取り上げられていました(今でも度々目にします)。

そのため、中国製というだけで大丈夫かと心配になってしまうのかもしれません。

ここでどういう点でAmazfit GTRが危険と思われているのかを考えてみましょう。

大きく次の2つが危惧されていると思われます。

  1. 機能の不十分さや問題点
  2. 個人情報の漏洩

1つ目の機能面についてはAmazfit GTRのみならず全ての製品で生じ得る心配事でしょう。

中国製品というのが心配に拍車をかけているのかもしれません。

2つ目の個人情報漏洩についてはAmazfit GTRをはじめとしたAmazfit製品で生じ得る心配事でしょう。

Amazfit GTRはウェアラブルデバイスという性質上、身につけた人の個人情報を多く取得します。

そしてAmazfit GTRの利用には専用のアプリを利用しないといけません。

ここに中国メーカーをどれほど信用していいかという問題があるのでしょう。

「セキュリティは大丈夫なのか」、「製品の検閲はきちんと行われているのか」、正直これらはブラックボックスなところではあります。

ただ、Amazfit GTRを販売する会社はHPもしっかりしており、製品もグローバルに販売されているものなので安心はできると考えられます。

値段が安すぎる

値段が安すぎるということを心配する声も多く上がります。

日本製のスマートウォッチだと相場は安くて3〜5万円といったところ。

その点Amazfit GTRは安いものだと1万円台で買えることもあります。

しかし、安いものにはそれなりに理由があるだろうというのが危険と考えられている要因のようです。

低価格で作られるということは機能に問題があるということでしょうか。

しかし、例え機能に問題があったとしても企業がそれを売りに謳うはずもありません。

つまりは利用者側が抽象的な不安を抱いているだけで、価格が安いことに起因した問題点についてははっきりいうことはできないというのが正解でしょう。

そのためAmazfit GTRの危険性について総括すると概ね安全であると思われるが、絶対に危険でないかはわからないということになってしまいます。

Amazfit GTRの良い口コミ&悪い口コミは?

ここまで見てきたところ、Amazfit GTRはその危険性についてははっきりしたことは言及できませんでした。

そのため結局は使う側の判断になりそうです。

おすすめかどうかは製品の評判などを判断して決めた方がよいでしょう。

実際、Amazfit GTRはどこの国でも買えるグローバルに流通している製品のため、口コミも数多く寄せられています。

ここでは口コミとしてどのような声が上がっているのか見ていきますが、まずはAmazonにおけるAmazfit GTRの評価を見てみましょう。

Amazonでは現記事執筆時点で6.739件のレビューが集まっていました。

☆☆☆☆☆ 49%
☆☆☆☆ 34%
☆☆☆ 10%
☆☆ 2%
4%

総評価は4.2と比較的高くなっています。

Amazfit GTRの良い口コミは?

それではレビューの中にある口コミを見てみましょう。

まずは良い評価からです。

血中酸素飽和濃度は測れません、がそれ以外は結構できる

1枚目から3日目、4日目、とつづきます。まるっと1週間たった後が6枚目(緑の文字盤)。ここまでやっぱりフェイスをいじることが多く、視認性を求めていろいろ試しています。それでこの電池持ちはやっぱすごすぎる!電池持たないっていうレビューを見かけますが、それって一体何と比較しているのでしょうか?GTRは2,3とあると思いますが、これがシンプルで一番と思います。

スマートウォッチ2台目です。

1台目は5k以下の中華製。このGTRは見た目もよく、また視認性も抜群。「暗い」とレビューにありますが、おそらくそれは節電のために1段階明るさが落ちたときではないかな。いろいろ調べると血中酸素飽和濃度はこのGTRは測れませんでした。それ以外の機種はOKだそうです。そこをふまえてGTR2eなどにするのもアリですが、コスパ・電池持ちでこのGTRが私にはぴったりでした。

腕を傾けて自動画面オンも、反応が悪いというレビューがありますが、これで反応悪かったら5k以下の中華製の反応は「めちゃくちゃ悪い」ってことになります。いたって快適。

通知もばっちりだし、シリコンバンドもサービスでもらえて、しばらく愛用したいと思っています。

しっかりと着信や通知が振動で伝わる。

これまで4,5千円のスマートウォッチを数台購入しましたが、すぐに接続が切れたり振動がよわくて通知が分からなかったり、バッテリーの持ちが2日程しか無かったりしていました。

今回思いきって倍の価格で評価の良かった本商品を購入しました。

価格は倍でも、接続は切れない、通知はしっかりと振動で伝わる、バッテリーの持ちは良い、しかもちゃんと日本の電波法にも適合している(当たり前ですが)。
表示画面も大変美しく、フェイスも標準でもアプリからでも沢山落とせるなど、価格以上に大変満足しています。また、機能は着信とアプリの通知しか使わないのでこれも大満足です。

これまでと違ってbluetooth接続が切れないので、MacroDroidを利用してこのスマートウォッチとスマホが接続時されている昼間は、スマホはマナーモードになるように設定して、会議などマナーモードに都度設定をしなくて良いので大変便利になりました。

いやー、久しぶりに良い買い物ができました。
バッテリーの耐久性が気になりますが、他気になることがあったら追記していきたいと思います。

機能に関してはかなり満足している声が多いようです。

スマートウォッチ本来の使用目的としては完璧とも言える評価と言えるでしょう。

amazfit GTRの悪い口コミは?

いい評価がある一方で悪い評価ももちろんあります。

ではそちらを見ていきましょう。

初期不良

まず、電源入れてペアリングの時点で画面が反応しないためチェックマークが押せない。
(画面の端のタッチパネルが反応しない。)

画面の至る所を押してなんとかペアリングして使ってみましたが、やはり画面下1/4くらいが反応せず初期化も再起動もできない状態。

強制終了して立ち上げても変わらず。

安かろう悪かろうですが、まぁでもいくら安くても画面くらい反応して電源は切れて欲しいかな 笑

再ペアリング

スマホの位置情報がOFFだと、スマートウォッチがスマホのBT圏外に
なった後に再び圏内になった時に、自動で再ペアリングせず、
アプリを立ち上げて再接続するか、それでも再接続しない場合は
位置情報をONに設定しないと再接続しない。

位置情報がONでも、スマホの画面を表示するまでBT再接続しない。
→後に、数分後には自動的にBT接続する事が判明。

位置情報OFFで使いたいのに使えない事はもとより、位置情報ONでも
いつBT接続されているのか(BT圏内で)判りづらい。
しかも、BT接続されているか否かを、標準のウォッチフェイスや
ウォッチ内の表示で確認できない。
私は、仕方なく非公認の「amaz faces」アプリからBT接続状態が
判るウォッチフェイスをダウンロードしてBT接続状態をウォッチ
側でも確認できるようにしている。

機能的には良いし、バッテリーも一週間以上持つようだが、
肝心のBT接続が上手くいかないのはスマートウォッチとして
致命的。
わざわざこれにしなくても、4,000円前後の物で良かったと思う。

悪い口コミなので理由はさまざまなのですが、「バッテリーの持ちが悪い」や「接続が不安定」という声は比較的多くみられるようです。

特にバッテリーのことは良い評価の中でも言及されていた内容であり、持ちは悪いと言えそうです。

Amazfit GTRはコスパ抜群?性能や特徴とは?

総じて評価が高いことから、Amazfit GTRはスマートウォッチとしての役割は十分に果たしてくれているようです。

それでいて日本製のスマートウォッチに比べ、ずっと値段が安いというのはコスパが抜群の製品であると言えるでしょう。

では、ここからはAmazfit GTRという製品自体により着目し、その性能や特徴について見ていきましょう。

Amazfit GTRの性能は?

Amazfit GTRの性能は以下のようになっています。

仕様 内容
ワイヤレス機能 Bluetooth5.0 ※技適認証済み
防水性能 5気圧防水(最大水深50m)
センサー 6軸加速度センサー
内部ストレージ ROM 40MB
メモリ 16MB
バッテリー 410mAh 充電時間:1.5~2時間
標準的な利用方法で24日間、腕時計としての利用で74日間稼働
重量 242g

バッテリーが長時間持つというのが強みのようです。

ただ、あくまでこれはAmazfit製品内や同価格帯の製品間で比較した場合。

口コミでの酷評されていたように、日本製と比較した場合はやはり持ちが悪く感じてしまうのではないでしょうか。

それでも、1万円台という価格帯で24日間も稼働するというの強みをバッテリーの持ちとしても良いのかもしれません。

Amazfit GTRの特徴は?

続いてamazfit GTRの特徴をいくつか紹介します。

  • 洗練された高級感のある見た目
  • 高解像度の鮮やかなディスプレイ
  • 傷や衝撃に強い画面
  • 常時高精度な心拍数モニタリングで不整脈を自動検出
  • 全面タッチスクリーンで直感的な操作が可能
  • 歩数管理や消費カロリーなど多機能な健康管理機能
  • 散歩やランニング、プールなどの状況に合わせて12種類のモードチェンジ可能

ヘルスケア分野に力を入れている会社が作っている製品だけあり、健康管理という面で強い製品のようです。

【Amazfit GTR「ZEPP Health(旧Huami)」はどこの国の会社?徹底調査!】まとめ

今回はスマートウォッチの製品Amazfit GTRがどこの国のものなのかを調査しました。

そして、Amazfit GTRの危険性から口コミまでを調べ、最後にその性能や特徴をまとめました。

危険性が完全には拭えない点や、悪い評判も中にはありますが、安心度は高いこと、そしてスマートウォッチとしては問題なく使えるであろうということがわかりました。

コスパ良くスマートウォッチを利用したいという場合には購入を検討されても良いかもしれません。