未分類

【iPhoneのバンパーは意味ない】の理由とは?バンパーのメリットやおすすめを紹介!

iPhoneのバンパーをご存知でしょうか。

スマホケースとは違って側面のみ保護したものになります。

スタイリッシュなiPhoneの見た目をカバーで隠したくないが、落としたときなどに傷がついてしまうのを防ぎたいといったケースでよく利用されます。

しかし、このiPhoneのバンパーは意味ないという噂をしばしば耳にします。

はたして本当に意味ないのでしょうか。

今回はiPhoneのバンパーについてそのメリットやおすすめの製品などを紹介します。

「iPhoneのバンパーは意味ない」と言われる理由とは?

iPhoneのバンパーは意味ないと言われることがあります。

本体を保護するという目的の製品であるはずなのに、「バンパーをつけたiPhoneを落としたら割れた」や「フレームしか守られていないから画面が割れた」という口コミもしばしば目にします。

何より保護ケースと違って背面が剥き出しという見た目の頼りなさから意味ないと言われることが多いようです。

ここではiPhoneのバンパーをつけることのメリットやデメリットをまとめ、本当に意味ないのかについて迫っていきます。

メリット①iPhoneのデザイン性が失われない

バンパーを使うメリットの1つとしてiPhone本体のデザインを維持できるというのがあります。

iPhoneはそもそもスタイリッシュな見た目も売りにしている製品であり、ブランドのロゴやその薄さも含めてファンである人は多いです。

保護ケースを使ってしまうとせっかくのiPhone本体独自のデザインが隠れてしまいます。

バンパーを使うことでiPhoneのデザイン性を失うことなく利用できるという利点があります。

メリット②放熱効果が高い

バンパーは放熱効果が高いのもメリットの1つです。

iPhoneをゲームなどの重い処理で長時間使用していたりすると、本体が熱くなってしまうことがよくあります。

本体が熱くなるということはCPUに負荷がかかっているということであり、アプリが強制的に落ちてしまったり、バッテリーの寿命を減らすことにも繋がります。

その点、バンパーは本体を覆う面積が少ないので自然と熱が逃げやすく本体が熱くなるリスクを減らせます。

普段からiPhoneで重い処理を長時間行う人にとってはバンパーは良い選択肢の一つと言えるでしょう。

メリット③側面のキズを防いでくれる

意味ないと言われることもあるバンパーですが、しっかり保護という役割を果たしてくれています。

まず側面が覆われているので側面の保護に関しては通常の保護ケースと同様に傷や落下の衝撃から防いでくれます。

また、前面や背面に対しても防御力があります。

バンパーは装着すると前面や背面よりも数ミリ高さが出るように作られているので、落下しても前面や背面がそのまま衝撃を受けることはありません。

iPhoneのバンパーのデメリット3選

ここまで紹介してきたことからiPhoneのバンパーには様々なメリットがあります。

決して意味ないということはないでしょう。

ではなぜ「意味ない」と言われるのでしょうか。

iPhoneの保護ケースを選ぶ際、放熱効果について考える人は大多数ではないと思います。

このことから、「意味ない」という言葉を補足すると、大部分は「保護する目的では意味がない」になるでしょう。

ではその辺りについて、iPhoneのバンパーのデメリットを紹介していきます。

デメリット①全面ケースよりも保護力が劣る

バンパーに保護力はあるとはいえ、やはり全面ケースよりもそれは劣ります。

それでも十分に保護してくれてはいますが、全体的な保護力は全面ケースの方が高いと言えるでしょう。

背面が剥き出しであることに関しては落下時の衝撃から守られている理由で述べた通り、特別弱いということはありません。

しかし、凸状の面に落とした場合は衝撃を直に受けてしまいます。

ただ、凸状の面に落としたときに割れたりしやすいのは全面のケースでも同じであるため、あくまで全体的な保護力が全面ケースよりも劣るということのようです。

デメリット②他のケースよりも種類が少ない

バンパーは保護ケースに比べて、種類が少ないです。

バンパーはiPhoneのデザイン性を維持するためのものでもあるので、特にこだわらないならよいですが、バンパーの自体のデザインも楽しみたい方もいるかもしれません。

しかし、バンパーの種類は豊富ではなく、最近ではさらに種類が減りつづけているようです。

iPhone自体がデザインがほぼ画一化されてることに加え、バンパーの種類が減っているのであれば、全く同じデザインのiPhoneを持つ人も多くなり、個性を出すのは難しくなるでしょう。

デメリット③サイズがひと回り大きくなる

バンパーを付けるとサイズが一回り大きくなってしまいます。

ただし、これはバンパーに限ったことではありません。全面ケースでもiPhoneに装着するのですから、当然サイズは一回り大きくなります。

本体を保護したいのであればこれは避けられないことであり、バンパーのデメリットというよりはバンパーと全面保護ケース両方に当てはまるデメリットと言えるでしょう。

iPhoneのバンパーの保護力を高める方法とは?

全面ケースに比べて保護力の劣るバンパーですが、保護力を高める方法というのも存在します。

背面に保護フィルムを貼ると良いでしょう。

画面に保護フィルムを貼るように背面にも保護フィルムを貼ることで、バンパーの保護力を高めることが可能です。

傷がつきにくくなり、凸状の面にぶつけたときに受ける衝撃も和らげることができます。

【形別】iPhoneのバンパーおすすめ3選!

ここからは具体的なバンパーの製品を紹介します。

種類が少ないというデメリットを述べたバンパーですが形の異なるもの3つ選びました。

値段・デザイン・機能という観点から比較した結果、カッコイイものから高級感のあるものまでそれぞれの形のバンパーでおすすめとなるものを紹介します。

iPhone X/XS】LUPHIE アルミニウム製保護ケース

値段 対応機種
¥2,080 PhoneSE(第2世代)以降

カッコイイ見た目が特徴のバンバーです。

アルミニウム製の保護ケースで側面にシェイプ加工があります。

グリップ力が高く、持ちやすいのが特徴となっています

質感や触り心地も良く、耐震性にも優れます。

iPhone12mini】エレコム TOUGH SLIM LITE バンパー

値段 対応機種
¥1,958 Phone12 mini

シンプルな見た、薄型軽量が特徴のバンパーです。

対応しているのがPhone12 miniのみなのが難点ですが、2種の素材を特殊成形した全周のエアクッションが衝撃を吸収してくれて耐久力に優れます。

ストラップの取り付けも可能です。

【iPhone13Pro】 Simplism バンパーケース 天然木シート

値段 対応機種
¥2,200 Phone13/13pro

高級感ある見た目が特徴のバンパーです。

ぬくもりを感じさせる木目シートと天然皮革に近い素材が高級感を演出しています。

多層構造になっており、衝撃吸収に優れます。

細部にこだわっており、カメラ画面も傷つかないよう設計されています。

【【iPhoneのバンパーは意味ない】の理由とは?バンパーのメリットやおすすめを紹介!】まとめ

今回はiPhoneのバンパーが意味ないという評判に基づき、本当に意味ないのかについてまとめました。

iPhoneのバンパーにはしっかりメリットもあり、意味ないということはないようです。

ただし、デメリットもあるため色々と比較をした上で購入を検討すると良いでしょう。