Renta!

Rentaの料金は高い?48時間と無期限のメリットデメリットや特徴は?

Rentaを利用する際、気になるのは「料金は高いのか」という点ではないでしょうか?

『Renta(レンタ)』は電子書籍のレンタルサイト。

 

Rentaの48時間と無期限レンタルのメリットやデメリットそして特徴を比較しながら、Rentaの料金が他と比較した際に高いのかどうかを調べていきます。

Renta!は本屋で購入するより高い?

『Renta!』の料金システムには、安価な「48時間レンタル」と購入と同じ「無期限レンタル」があります。

 

ここでは、Rentaの「無期限レンタル」の料金が高いのかどうか、本屋や他の電子書籍サイトと料金を比較してみました。

Renta「無期限レンタル」 本屋 kindle(Amazonの電子書籍サイト)
ミステリと言う勿れ(1) 420pt(462円) 472円 462円
鬼滅の刃(20) 418pt(460円) 484円 460円

※『Renta』は100ポイント=110円で計算しています。

 

Rentaの「無期限レンタル」は、本屋で購入するより安い場合が多く、また他の電子書籍サイトで購入するのと料金は変わらないようです。

Rentaの口コミでも「高い」と感じる人や「お得だ」と感じる人、それぞれ感じ方があるようでした。

Renta!料金システムのメリットデメリットは?

Rentaの料金システムには、「48時間レンタル」と「無期限レンタル」があります。

ここでは、料金システムについて詳しく紹介します。

48時間と無期限システムとは?

Renta「48時間レンタル」:48時間(2日間)の期限付きでマンガをレンタルすることができるサービスです。

Rentaでは、48時間/100円~の料金でレンタルできます。

 

Rentaの「無期限レンタル」:期限なくレンタルしたマンガを読むことができるサービス。

Rentaの「無期限レンタル」は、本を1巻購入するのと同じことです♪

 

Rentaの48時間と無期限システムとは、マンガをレンタルするか購入するかの違いとなります。

 

ポイントでの購入金額はいくら?

Rentaはポイントで作品をレンタルします。

では、ポイントの購入金額はいくらなのでしょうか?

購入金額 ポイント数 ボーナスポイント
110円 100pt なし
330円 300pt なし
1,100円 1,000pt なし
3,300円 3,000pt 100pt
5,500円 5,000pt 200pt
11,000円 10,000pt 500pt

ボーナスポイントが付くのは、3,300円以上です。

 

メリットデメリットや特徴は?

 

まずは、Rentaの48時間と無期限レンタルの金額の違いをみてみましょう。

Renta「無期限レンタル」 Renta「48時間レンタル」
ブスに花束を(1) 580pt(638円) 100pt(110円)
蟻の王(1) 200pt(220円) 150pt(165円)

 

無期限レンタルより料金が安い48時間レンタル。

レンタルを利用すれば他の電子書籍購入サイトよりもお得にマンガが読めることがメリットですね。

 

Rentaの最大のメリットは、安くマンガを読むことができること。

とにかく安くマンガを読みたくて何度も読み返さなくて良い人におすすめです。

 

しかし、Rentaは全ての本が48時間レンタルできるわけではありません。

Rentaのデメリットは、48時間レンタルできないマンガがあること。

無期限レンタルしかない場合は、無期限レンタル(購入)のポイントでマンガを読むことになります。

自分が読みたいマンガが無期限レンタルしかない場合、

Rentaのお得な利用方法は?

コミックシーモア,Renta,比較

ここでは、Rentaのお得な利用方法を紹介します。

どうすればお得にマンガをレンタルできるのでしょうか?

お得利用①無期限レンタルへアップグレード

まずは、Rentaの48時間レンタルで気軽にマンガを読んでみましょう。

 

その中で気に入ったマンガは48時間レンタルとの差額で無期限レンタルへ変更できます。

無期限レンタルの金額-48時間レンタルの金額=差額

48時間レンタル期間内に無期限レンタルへ変更手続きを行えばOK。

読んでみて気に入ったまんがは差額で何度も読み返すことができますよ。

 

お得利用②会員ランクに応じた会員特典

Rentaの当月+直近2ヶ月分(3ケ月)の累計レンタル額に応じて、ブロンズ・シルーバ・ゴールドの会員にランクされます。

この会員ランクは、累計レンタル額が各ランクの条件に達している場合、即時にランクがアップする制度。

 

シルバー会員やゴールド会員になると、マンガをレンタルした場合2%や3%のポイントが還元される会員特典があります。

1度ランクアップすると、最後のレンタル日から6ケ月(180日)内に1度でもマンガをレンタルすれば現在のランクをキープできます。

何度も使う方は最初に一気にレンタルしてランクを上げておくのも手かもしれませんね♪

お得利用③ポイントが付くオートチャージ

オートチャージは、マンガをレンタルする時にポイントが足りない場合、自動でポイントをチャージしてくれるシステム。

  1. オートチャージを設定する
  2. ポイントが足りない状態で「作品を読む」ボタンを押す
  3. 2,000ポイント+ボーナスポイント100ポイントがチャージ

※2,000ポイント購入金額は、2,200円

 

さらに、同月内に3回オートチャージするとすると、翌月の1日にエクストラボーナス100ポイントがもらえます。

6,000ポイント購入でボーナスポイントが400ポイント!

 

オートチャージはクレジット支払いのみに限定されていますので、クレジットカードで支払う場合はオートチャージでポイントを購入しましょう。

何度も手続きをするのが面倒な時やお得なボーナスポイントが欲しい方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ただし、使いすぎにはご注意を!

Rentaの料金は高い?まとめ

今回は、「Rentaの料金は高い?48時間と無期限のメリットデメリットや特徴は?」と言うことで、Rentaの料金は高いのかどうかを調べてきました。

 

とにかく安くマンガを読みたい人に便利なのが「48時間レンタル」でした。

また気に入ったマンガは、Rentaの「無期限レンタル」で購入する方法がおすすめ。

 

Rentaの購入は他サイトと比べて、料金が高いとは言えませんでした。

『Renta!』でマンガをレンタルするときの参考にしてくださいね。